なかなか子宝に恵まれないなら六本木で不妊治療を受けてみましょう

SITEMAP

親子

オススメ記事

不妊治療と一般的な病気の治療との違い

不妊治療は、根本的にほかの病気の治療と性質が異なります。ほかの病気の場合は、体の不調や検査で発…

くわしく読む

女性に多い冷え症は不妊の原因

産婦人科の助産師の方に耳にタコができるほど、何回も聞いた事がある言葉があります。それは「妊娠を…

くわしく読む

1年以上妊娠の兆候がないなら不妊です

不妊治療について説明する前に、不妊について説明します。そもそも不妊とは健康な男女が妊娠を希望し…

くわしく読む

受診のタイミングや治療法

子供がほしいと思っても「なかなか妊娠できない」と思ったら、そのときは婦人科での検査や不妊治療を…

くわしく読む

» SITEMAP

受診のタイミングや治療法

子供がほしいと思っても「なかなか妊娠できない」と思ったら、そのときは婦人科での検査や不妊治療を考えてみましょう。「そのタイミングは、35歳未満ならだいたい1年たっても妊娠しなければ受診することをおすすめします。35歳を超えれば半年間、40代ならすぐに受診が目安です。その際の病院選びは不妊治療の最重要ポイントになります。
まず「妊娠するベストな治療はこれ!」と、特定の方法しか実施していないクリニックではなく、治療法が複数あり、そのご夫婦に合った方法を考えてくれるところを選びます。単一の治療法しか行わないところでは、それが合っている人しか妊娠しないのです。また話しやすく、疑問に思ったことに対して分かりやすい言葉で説明してくれるなど、医師とのコミュニケーションも重要なポイントです。
不妊治療の進め方は、医師に自分に合った個別プランを立ててもらうことが大切です。20代なら、明らかな問題がない限りタイミング治療からじっくりステップアップしますが、年齢が高い人や検査結果が厳しかった人は、体外受精に進むまでのスピードが早くなるのが一般的。ただし治療に疲れなどストレスを感じたときは、いったんお休みしましょう。リフレッシュすることで緊張状態ら解放され、自然妊娠する人もいます。