なかなか子宝に恵まれないなら六本木で不妊治療を受けてみましょう

SITEMAP

親子

オススメ記事

不妊治療と一般的な病気の治療との違い

不妊治療は、根本的にほかの病気の治療と性質が異なります。ほかの病気の場合は、体の不調や検査で発…

くわしく読む

女性に多い冷え症は不妊の原因

産婦人科の助産師の方に耳にタコができるほど、何回も聞いた事がある言葉があります。それは「妊娠を…

くわしく読む

1年以上妊娠の兆候がないなら不妊です

不妊治療について説明する前に、不妊について説明します。そもそも不妊とは健康な男女が妊娠を希望し…

くわしく読む

受診のタイミングや治療法

子供がほしいと思っても「なかなか妊娠できない」と思ったら、そのときは婦人科での検査や不妊治療を…

くわしく読む

» SITEMAP

女性に多い冷え症は不妊の原因

産婦人科の助産師の方に耳にタコができるほど、何回も聞いた事がある言葉があります。それは「妊娠を望む場合、または妊娠をしたら身体は絶対に冷やしてはいけない」という言葉です。女性に多い冷え症は手足が冷たくなってしまう症状ですが、それが妊娠をしづらくしている状態であるとの事です。女性は身体を冷やしてはいけない、と昔から聞いた事のある言葉ですがそれは不妊にも繋がるから、という意味もあったのかもしれません。
妊娠を望む場合、腰やおなかはもちろんの事、足首を冷やさないのもとても重要です。夏場などは薄着をする女性が多いですがクーラーの効いた場所に入り、身体を冷やす事はできれば避けた方がいいです。おしゃれを取るか妊娠を取るかの選択になりますが、女性にしかできない妊娠という選択を安易に捨てて欲しくはないです。
妊娠のしやすい身体作りは継続が大事です。自分の身体を大事にする事で、妊娠のしやすい身体になる事ができます。助産師の方に言わせると汗をかくぐらいでちょうどいいぐらい、と言っています。確かに産婦人科などはいつ訪れても空調が高めに設定されており、夏でもそれほど冷やされていません。寒い冬場は靴下をはく事、レギンスなどの下着をはく事。夏でも冬でもあまり冷たい物は飲まない事。入浴など。
身体を冷やさないようにする方法はたくさんあります。まずは簡単にできる事から始め、不妊の原因を作らないようにしてほしいです。