なかなか子宝に恵まれないなら六本木で不妊治療を受けてみましょう

SITEMAP

親子

オススメ記事

不妊治療と一般的な病気の治療との違い

不妊治療は、根本的にほかの病気の治療と性質が異なります。ほかの病気の場合は、体の不調や検査で発…

くわしく読む

女性に多い冷え症は不妊の原因

産婦人科の助産師の方に耳にタコができるほど、何回も聞いた事がある言葉があります。それは「妊娠を…

くわしく読む

1年以上妊娠の兆候がないなら不妊です

不妊治療について説明する前に、不妊について説明します。そもそも不妊とは健康な男女が妊娠を希望し…

くわしく読む

受診のタイミングや治療法

子供がほしいと思っても「なかなか妊娠できない」と思ったら、そのときは婦人科での検査や不妊治療を…

くわしく読む

» SITEMAP

先が見えない不妊治療

女性であれば誰もが自分も将来子どもを授かることができると思っているでしょう。結婚をしていたら尚のことです。私もその一人でした。将来は、一人っ子だと寂しいから兄妹がいいななど想像していました。しかし、実際結婚してみると1年経っても妊娠することはありませんでした。気になり六本木の産婦人科にお世話になりましたが、特に異常はなく、その不妊治療の病院ではタイミング指導を何回か行いましたが良い結果にはなりませんでした。
また1年が過ぎ、認めたくはありませんでしたが、子どもを授かりたい気持ちが勝り六本木の不妊治療専門の病院に通院する事を決めました。卵管造影の検査もし、人工授精も何度かチャレンジしましたが、いつも妊娠判定は陰性でした。
六本木の不妊治療専門の病院に通い始めて1年が経った時から、体外受精へのステップアップを決めました。初めてのことだらけで、色々分からないこともありましたが採卵までは、毎日注射を病院に打ちに行きました。鼻にスプレーをする薬もあります。毎日薬を飲む生活でした。でも、これで子どもが授かれるならと言う思いで頑張れたのだと思います。採卵を終えてから1周期空けてから、今度は移植です。また、薬を飲んだり、内膜を厚くするテープを貼ったりします。採卵の時は麻酔がありますが、移植の時は麻酔がありません。移植後も1日おきに注射を打ちに行きます。
まだ子どもを授かれてないので、不妊治療は先が見えないです。

六本木の病院で行った私の不妊治療

結婚してから数ヶ月後から妊活を開始しました。しかし、半年経ってもできる気配がなく、六本木の病院で検査を行いました。初めは卵管造影を行い、痛い思いをしたけど両方通っていることがわかり、フーナーテストも結果は良好で特に問題がないと言われました。
しかし、年齢もそんな若くない事もあり、もう少し詳細にホルモン値などの検査もし、黄体ホルモンが少なめという事も分かりました。高齢出産になる前にどうにか妊娠を、と思っていたため、排卵をサポートする投薬もしました。葉酸を摂取すると着床しやすいと聞き、ずっと飲み続けていました。他にも卵子年齢を若返らせるサプリメントも服用し、更にはノンカフェインのルイボスティーを飲んだり、温活したり出来ることは努力していました。
六本木の病院でタイミング法を勧められ、何度か行ってみるも、一年弱通院しても結局不妊治療の結果は出ませんでした。
もう自然妊娠は難しいかな、と思い、六本木で不妊専門の医療機関を受診しようと思い、転院しました。ステップアップをしようと決めたそんな矢先に、なんと妊娠することができました。自然妊娠に至らない場合は、不妊治療も進めていく事も考えてましたが、なんせ治療費があまりにも高額で、何度も挑戦するには前向きになれない要因にもなっていると思います。
もちろん不妊治療の助成金もありますが、現実、生まれてからの子育てにかかるお金があまりにも大きいという事実は変わらないと思います。

不妊治療の第一歩

結婚して、または避妊をしない性交渉を続けて1年経っても妊娠しない状態を「不妊」と呼び、不妊から妊娠を目指すさまざまな治療のことを「不妊治療」といいます。不妊治療には「妊娠しづらい原因を改善すること」、もうひとつは「妊娠の可能性を上げること」の大きく分けて二つの目的があります。
一般的に六本木での不妊治療は、排卵促進剤などの投薬をあわせた「タイミング療法」からはじまり、「人工授精」「顕微授精」へとステップアップして妊娠を目指していきます。最近では自治体から不妊治療に対する助成金なども出ており、以前と比較して治療のハードルも大きく下がりました。六本木で行う不妊治療にあたって、基礎体温をきちんと測ることは必須条件です。基礎体温とは、朝目が覚めた時に身体が活動を始める前の最も安静な状態で測る体温の事です。
日々基礎体温をつけることで、生理や排卵の前兆を知る事ができ、タイミング療法が行いやすくなります。そして六本木の病院からは、身体を温めることを指示されます。この時病院によっては、漢方薬を処方する場合もあります。毎月生理が終わって2週間後性交渉を行った翌日に病院へ行き、排卵の兆候があるかどうかを検査します。検査は膣内に器具を挿入してエコーで行うため、抵抗がある人は女医さんがいる病院を選ぶと良いでしょう。
なかなか子宝に恵まれないご夫婦は、一度六本木の病院へ行ってみることをお勧めします。


不安がつきまとう不妊治療ですが、六本木で不妊治療を行うようにすれば少しは負担も軽減されるのではないでしょうか。不妊のつらさを理解してくれる先生に相談すれば心も少しは落ち着くと思いますので、ひとりで悩まずにまずは気軽に訪問することをおすすめいたします。